忍者ブログ

2017/06/24 (Sat)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2010/07/04 (Sun)
「Fランク大学の教員」
Comments(1) | TrackBack(0) | Fランク大学の日常
Fランク大学の教員について紹介します。

Fランク大学の教員も落としをめした方は元東大の教員とかだったりするんですが
たいていはうだつの上がらないコネで入っただろと思えるような教員ばかりです。
それに、研究力のないFランク大学は個人で研究するしかなく碌な研究ができず
学生も最先端の学問に触れる事はできません。
そもそもFランク大学なので中学高校レベルの事しかやりませんが。

マメで熱心な若い教員は受験戦争世代、氷河期世代の人が多いです。
彼らは自分たちが能力以上に不遇をうけていると感じているのか
Fランク大学生を必要以上に馬鹿にし、自分たちの受験戦争の大変さ就職氷河期の
大変さを語ったりする人が多い気がします。団塊ジュニアの特徴ですかね

駅弁大学出身でも俺達の世代は大変だった、今の世代に俺が生まれていたら東大に行けた!等と語ったりした人が居ました。
友人が最初のゼミでお笑い芸人サバンナの高橋の様な担当教員に夢を聞かれ、答えられなかったら
「だからお前はこの程度なんだ!今まで何をしてきたんだ!この学校の偏差値を言ってみろ!」と叫ばれたそうです。
その後これからお前は生まれ変わるんだ云々と松岡修造のようなことを言われたそうですが、聞いた私もドン引きしてしまいました。

普通の教員は学生のアホさにうんざりし、自分の道を楽しそうにぶっちぎってるか、死んだ魚のような目をしてる方が殆です。
馬鹿しかいないので普通にして入ればかなり可愛がられますが、そもそも入ること自体を激しくオススメしません。


PR


トラックバック

トラックバックURL:
1. posted by Fランク大教員  2011/04/15 05:27
まあ、Fランク大教員とひとくくりにしていること自体しょうがないとは思いますが、当方もその一人です。

例えば、この7月にある講演会で喋ってくれと言われています。
当日の講演者は、
京大教授、阪大教授、阪府大教授、理研研究員、そして私Fランク大教授以上5名です。さて、どんな講演会になり、私は、どんな講演をするのでしょうか。

私にこの講演を依頼して来たのは、某独法部長です。

コメントを投稿する






<< Fランク大学生の喫煙率  |  ホーム  |  Fランク大学の図書館 >>