忍者ブログ

2017/11/18 (Sat)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2010/07/04 (Sun)
「Fランク大学の英語」
Comments(0) | TrackBack(0) | Fランク大学の日常
Fランク大学の英語について紹介します。

Fランク大学の英語は、入学してすぐにクラス分けされ
中学3年レベル
2年レベル
1年レベル程度のクラス分けがされます。

クラスが分けられても中学レベルですから、
中学校レベルの教科書を使い授業をします。

中3レベルのクラスになると 文系を気持ち程度触ります。

あとは簡単な自己紹介を習ったり、中学レベルの単語帳から単語テストをやったりして

1年が終わってしまいます。

非常に冗長で無駄です。


教員が、学習ハックに感化されていたりすると

音読が大事だ!と言い出したりして大変で

this is  a pen! を大声で100回叫ばしたり、中学レベルの英語のCDを100回聞け!等と言い出し

比較的まともな奴から気が狂いだし、単位を落としていきます。


進学校の生徒さんなら普通は高1で英検2級を取得したりするでしょうが
Fランク大学生は英検4級すら取れません。

読むという単語が解らなかったりします。

というか、ある程度の高校に行っていてもFランク大学の瘴気を長時間吸えばこうなるのでは?と思えてくるレベルです。
東大を出たという講師も普通に掛け算を間違ったりしていました。


ぬるま湯につかって茹ダコになりたくない人は普通の大学へ行くべきです。

PR


トラックバック

トラックバックURL:

コメントを投稿する






<< Fランク大学での期末試験  |  ホーム  |  入ると更に馬鹿になる。 >>